RalaCode

44件の記事があります

【Mac向け】nvmでNode.jsをインストールする方法

【Mac向け】nvmでNode.jsをインストールする方法
サムライエンジニアプラス

「Node.jsをインストールしたい」と考えている方向けの記事です。

Node.jsは、公式サイトからパッケージをダウンロードできます。
パッケージを実行するとNode.jsがインストールされます。

ただ、Node.jsには色々なバージョンがあります。
Node.jsは、使う場面によって最適なバージョンが異なる場合があります。

例えば、「今使っているバージョンとは違うNode.jsがほしい」ってなったとします。
その時に、またNode.jsの公式サイトにアクセスしてバージョンを選んでダウンロード→インストール...ってやるのは面倒です。

そこで便利なのが、「nvm」です。

nvmを使えば、複数のバージョンのNode.jsをインストールできます。
さらに、バージョンの切り替えも可能。

この記事では、nvmに関して以下の流れで解説します。

  • nvmとは

  • nvmをインストールする

  • nvmを使ってNode.jsをインストールする

  • nvmを使ってNode.jsのバージョンを切り替える

  • nvmをアンインストールするには

ただ、この記事は「Mac向け」となっております。
Windowsでnvmをインストールする方法は、この記事で解説する方法とは異なります。
ご了承ください。

nvmとは

waterfall

nvm」は、「Node Version Manager」の略です。

公式サイトにアクセスすることなく、Node.jsをインストール可能。
さらに複数のバージョンのNode.jsをインストールできます。

そして、Node.jsのバージョンを簡単に切り替えることもできます。

nvmをインストールする

cacyonlands

nvmをインストールしていきます。

まずは「ターミナル」を開いてください。
キーボードの「command + space」でSpotlight検索を出し、「ターミナル」と入力してEnterを押せばターミナルが開きます。

まず、nvmをインストールする準備をしていきます。
ターミナルで、以下のコマンドを入力します。

$ echo $SHELL

「/bin/zsh」か「/bin/bash」のどちらかが表示されると思います。

「/bin/zsh」と表示された方は、以下のコマンドを入力してください。

$ touch ~/.zshrc

「/bin/bash」と表示された方は、以下のコマンドを入力してください。

$ touch ~/.bashrc

上記のコマンドを入力しても、特に何か表示されることはないです。
あくまで、nvmをインストールするための準備です。
この辺詳しい方は、ご自分の環境に合わせて設定されてください。

次に以下のリンクをクリックして、「nvm-shのGitHubページ」にアクセスしてください。

>>nvm-shのGitHubページへ

nvm-sh GitHub page

ページをスクロールすると、「Install & Update Script」と書かれた部分があります。
そのすぐ下に「curl ... | bash」というコマンドが書かれていますので、これをコピーしてターミナルに貼り付けて実行してください。

一応、以下に同じコマンドを載せます。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.38.0/install.sh | bash

ただ、「v0.38.0」の部分は2021年5月現在のものです。
「v0.38.0」の部分は、その時の最新の数字に変化します。
nvm-shのGitHubページにアクセスしてから「curl ... | bash」の部分をコピーして、ターミナルにペーストして実行するのがおすすめです。

「curl ... | bash」のコマンドを実行すると、nvmがインストールされます。
インストールが完了したら、キーボードの「command + "q"」で一度ターミナルを終了させてください。
ターミナルを終了させたら、もう一度ターミナルを起動してください。

nvmがインストールされているか確認します。以下のコマンドを実行してください。

$ command -v nvm

「nvm」と表示されたら、nvmが正しくインストールされています。

nvmを使ってNode.jsをインストールする

fishing

nvmを使ってNode.jsをインストールしていきます。
ターミナルを起動させておいてください。

Node.jsには色々なバージョンがあります。
バージョンの中にも「推奨バージョン」というものがあります。

Node.jsの「最新バージョン」をインストールしてもいいですが、バグが発生しやすいと言われています。
そのため「推奨バージョン」をインストールしておいた方が無難です。
ここでは、Node.jsの推奨バージョンをインストールしていきます。

ターミナルで以下のコマンドを実行すると、Node.jsの推奨バージョンがインストールされます。

$ nvm install --lts

「--lts」は「Long Term Support」の意味で、「推奨バージョン」を指します。
バージョンを指定しなくても、自動でNode.jsの推奨バージョンがインストールされます。

Node.jsの推奨バージョンは日々更新されます。
上記のコマンド「nvm install --lts」は定期的に実行した方がいいです。

Node.jsのインストールが完了したら、本当にインストールされたか確認します。
ターミナルに以下のコマンドを入力して、実行してください。

$ node -v

Node.jsのバージョンを表す数字が表示されたかと思います。

以上で、nvmを使ったNode.jsのインストールが完了しました。
これで、Node.jsを使った開発ができます。

この記事の主な内容としてはこれで終わりです。
ですが、ここからおまけの内容として以下についても解説していきます。

  • nvmを使ってNode.jsのバージョンを切り替える

  • nvmをアンインストールするには

ご興味のある方は、この後も読み進めてください。

nvmを使ってNode.jsのバージョンを切り替える

switch

nvmを使えば、複数のバージョンのNode.jsをインストールできます。
さらに、Node.jsのバージョンを切り替えることもできます。

前の項では「推奨バージョン」のNode.jsをインストールしました。
2021年5月現在の時点では、Node.jsの推奨バージョンは「v14.17.0」が最新です。

実はNode.jsの推奨バージョンはいくつも存在します。

では、一つ前の推奨バージョンのNode.jsをインストールしていきます。
まず準備として、ターミナルに以下のコマンドを入力して実行してください。

$ nvm ls

すると以下のように表示されたかと思います。

->     v14.17.0
         system
default -> lts/* (-> v14.17.0)
iojs -> N/A (default)
unstable -> N/A (default)
node -> stable (-> v14.17.0) (default)
stable -> 14.17 (-> v14.17.0) (default)
lts/* -> lts/fermium (-> v14.17.0)
lts/argon -> v4.9.1 (-> N/A)
lts/boron -> v6.17.1 (-> N/A)
lts/carbon -> v8.17.0 (-> N/A)
lts/dubnium -> v10.24.1 (-> N/A)
lts/erbium -> v12.22.1 (-> N/A)
lts/fermium -> v14.17.0

後半の方に「lts/〜」と何個か書かれています。
lts」は「推奨バージョン」のことです。
ターミナルの表示を見ると、一つ前の推奨バージョンは「v12.22.1」です。

以下のコマンドをターミナルに入力して実行すると、Node.jsのv12.22.1がインストールされます。

$ nvm install lts/erbium

または

$ nvm install 12.22.1

本当にインストールされたか確認します。
以下のコマンドをターミナルに入力して実行してください。

$ nvm ls

すると、以下のように表示されると思います。途中は略してあります。

->     v12.22.1
       v14.17.0
         system
...略...

今、Node.jsのv12.22.1v14.17.0がインストールされている状態です。
さらに、「-> v12.22.1」と表示されているので、Node.jsのバージョンはv12.22.1が適用されていることがわかります。

次に、Node.jsのバージョンを切り替えてみましょう。
以下のコマンドをターミナルに入力して実行してください。

$ nvm use v14.17.0

すると、以下のように表示されます。

Now using node v14.17.0 (npm v6.14.13)

Node.jsのバージョンが「v14.17.0」に切り替わりました。
本当に切り替わったか確認します。
以下のコマンドを入力して実行してください。

$ nvm ls

すると、以下のように表示されます。

       v12.22.1
->     v14.17.0
         system
...略...

「-> v14.17.0」と表示されているので、Node.jsのバージョンはv14.17.0が適用されていることがわかります。

「v12.22.1」はそのまま残しておいても問題ありません。

「不要だな...」と思う場合は、消すこともできます。
以下のコマンドを実行してください。

$ nvm uninstall 12.22.1

これで「v12.22.1」は削除されます。

nvmを使ってNode.jsのバージョンを切り替える方法は以上です。

nvmをアンインストールするには

trash

nvmは簡単にアンインストールできます。
「間違って共用のパソコンにnvmをインストールしてしまった...」なんて時も心配ありません。

まず、以下のコマンドをターミナルに入力して実行してみてください。

$ nvm

文字がたくさん表示されたと思います。
一番最後の方には、以下のように書かれているかと思います。

...略...
Note:
  to remove, delete, or uninstall nvm - just remove the `$NVM_DIR` folder (usually `~/.nvm`)

簡単に言うと、「nvmをアンインストールするには$NVM_DIRを削除してね」と書かれています。
$NVM_DIR」は環境変数で、通常は「~/.nvm」というディレクトリを指します。

そこで、まず「~/.nvm」というディレクトリが存在するか確認します。
以下のコマンドをターミナルに入力して実行してください。

$ echo $NVM_DIR

すると以下のように表示されます。

/Users/(yourname)/.nvm

「(yourname)」の部分はお使いのパソコンによって違います。
「/.nvm」で終わっていれば「/.nvmというディレクトリが存在しているということ」なので、問題ありません。

では、「~/.nvm」というディレクトリを削除していきます。
以下のコマンドを入力して実行してください。

$ rm -rf $NVM_DIR

これで、nvmがアンインストールされました。

上記のコマンドを実行しても特に何も表示されません。
一度、ターミナルを「command + "q"」で終了させてください。
その後ターミナルを起動させてください。

nvmが本当にアンインストールされたか確認します。
以下のコマンドをターミナルに入力して実行してください。

$ command -v nvm

nvmをアンインストールしたので何も表示されないと思います。
これで、確実にnvmがアンインストールされていることがわかります。

ただ、nvmは一度アンインストールしてしまうと、nvmを使ってインストールしたNode.jsも消えてしまうのでご注意ください。

nvmを一度アンインストールしても、本記事冒頭の「nvmをインストールする」の手順に従って進めていただければもう一度nvmをインストールすることもできます。

というわけで、記事は以上です。

GatsbyJSの開発環境を構築する手順
GatsbyJSの開発環境を構築する手順
記事を読む

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

【最新バージョン対応】React Routerの使い方を解説

【最新バージョン対応】React Routerの使い方を解説

【React】Emotionの使い方【基本から応用まで解説】

【React】Emotionの使い方【基本から応用まで解説】

【TypeScriptあり】Node.jsとReactでWebアプリを作る【Express使います】

【TypeScriptあり】Node.jsとReactでWebアプリを作る【Express使います】

【React】inputに入力された値(value)を取得する

【React】inputに入力された値(value)を取得する

【フォーム送信を実装】Getform.ioの使い方を解説【HTMLのみでOK】

【フォーム送信を実装】Getform.ioの使い方を解説【HTMLのみでOK】

【コード書くだけ】Netlifyでお問い合わせフォームを作る方法

【コード書くだけ】Netlifyでお問い合わせフォームを作る方法

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy