RalaCode

44件の記事があります

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】
サムライエンジニアプラス

「Git for WindowsをインストールしたのにVSCodeでGitが使えないのはなんでだろう...」

という方向けに解説します。

「Git for Windows」をインストールしたら、「Git Bash」が使えるようになります。
Windowsでは「Git Bash」でGitを操作することになります。

しかし、VSCodeのデフォルトで用意されているターミナルは「Git Bash」ではありません。

VSCodeの設定で「Git Bash」を使えるようにする必要があります。

VSCodeの設定を開く

VSCodeを起動します。

「File」、「Preferences」、「Settings」の順にクリック

画面左上の「File」をクリックします。

するといくつか項目が表示されるので、下の方にある「Preferences」をクリックします。

そしてさらに右側に項目が表示されるので、その中の「Settings」をクリックです。

Git Bashをデフォルトに設定する

Git Bashをデフォルトに設定する

上の画像のように「Settings」というタブが開いたかと思います。

検索欄に以下の文字を入力してください。
コピペでいいです。

Terminal.Integrated.Default Profile: Windows

意味不明だと思いますが、要するにターミナルを開いたときにデフォルトで「Git Bash」が使えるように設定しようとしています。

プルダウンの中から「Git Bash」をクリックすれば設定完了です。

Git Bashを使う方法

ちなみにですがWindowsの場合、VSCodeのターミナルでは「PowerShell」というものが使われます。

上記の手順で「Git Bash」をターミナルのデフォルトに設定したとしても、どうしても最初は「PowerShell」が開いてしまいます。
「PowerShell」ではGitは使えません。

「Git Bash」を使うときには以下の操作をします。

VSCodeのターミナル右側の「+」マークをクリック

VSCodeのターミナル右側の「+」マークをクリックします。

新たにターミナルが開きGit Bashが使えるようになる

すると新たにターミナルが開きます。
開いたターミナルは「Git Bash」となっており、ここでGitを使うことができます。

というわけで記事は以上です。

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

GitHubでOrganizationを作る

GitHubでOrganizationを作る

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy