RalaCode

44件の記事があります

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】
サムライエンジニアプラス

この記事では、GitHubリポジトリの作り方を解説します。
これに加え、作ったGitHubリポジトリを削除する方法まで解説します。

リポジトリとは

GitHubのリポジトリとは、簡単に言えば「ファイルを保管しておく場所」です。
プログラミングコードを保管するのが一般的な使い方かと思います。

コードが自分のパソコンの中にしかない状態だと、色々不便なんです。

でも、リポジトリを使うと以下のようなメリットがあります。

  • コードのバックアップ場所として使える

  • 他の人とコードを共有できる

GitHubのリポジトリは無料で使えます。
使わない手はありません。

実際、かなり多くの人に利用されています。
というわけで、リポジトリを作っていきましょう。

GitHubのアカウントを作る

まず、GitHubでリポジトリを作るにはGitHubのアカウントを作らないといけません。

まだGitHubのアカウントを持っていない方は、以下の記事をどうぞ。
GitHubアカウントの作り方を解説しています。

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
記事を読む

リポジトリを作る

GitHubにサインインしてください。

new repository

画面右上の「+」ボタンをクリクします。
いくつか項目が表示されます。

New repository」をクリックしてください。

create repository

リポジトリを作る上で必要な以下の項目を入力します。

  • ①リポジトリの名前(ここでは「test-html」としました)

  • ②リポジトリの説明(ここでは「試しに作ってみたリポジトリです。」としました)

  • ③「Public」か「Private」を選ぶ(後で変えられます)(後ほど解説)

  • ④「Create repository」をクリック

これで、リポジトリの作成は完了です。

このように、GitHub上で作ったリポジトリを「リモートリポジトリ」と呼びます。

ここまでやっておけば、Gitを使ってGitHubのリモートリポジトリにファイルをpushすることができます。
以下、解説記事です。

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】
【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】
記事を読む

ここで「Public」と「Private」について少し深堀りします。

PublicとPrivateの違いは?

リポジトリをPublicで作った場合は、以下のようになります。

  • 自分以外の人もリポジトリの中身を見ることができる

  • リポジトリの中身を編集することはできない

  • 自分が許可を与えた人だけ、リポジトリの中身を編集できる

リポジトリをPrivateで作った場合は、以下のようになります。

  • 自分以外、リポジトリの中身を見ることができない

  • 自分が許可を与えた人だけ、リポジトリの中身を見たり、編集したりできる

僕の個人的な使い分けとしては、以下のようにしてます。

  • リポジトリの中身を見せて、スキルをアピールしたいときなどはPublic

  • リポジトリの中身を見せたくないときはPrivate

最初はこんな感じでいいんじゃないかなと。

PublicとPrivateを切り替える

リポジトリを作るときにPublicかPrivateを決めることになりますが、これは後で変えられます。

ただ、PublicからPrivateに切り替えると以下のことが起きます。

  • 獲得したスターがなくなる

  • 公開しているGitHub Pagesが失われる

リポジトリを作ったばかりのときは、この辺りは気にする必要はありません。
ですが、PublicとPrivateを切り替えるときは、上記のことを気にしておいた方がいいかと思います。

では、実際に切り替えてみます。

change visibility

Settings」というタブをクリックします。

一番下までスクロールすると、「Danger Zone」という部分があります。
その中の「Change visibility」というボタンをクリックします。

change private

Change repository visibility」と書かれたウインドウが開きます。

今回はPublicからPrivateに切り替えるので、「Make private」をクリックします。

下の方に「Please type 〜 to confirm.」と書かれた部分があります。
「〜」の部分を、入力欄に入力します。

上の画像の例だと、入力欄に「rala2/test-html」と入力しています。

最後に「I understand, change repository visibility」と書かれた赤色のボタンをクリックすると、PublicもしくはPrivateが切り替わります。

リポジトリを削除する

最後に、一度作ったリポジトリを削除する方法を解説します。

リポジトリを削除した後、もう一度同じ名前でリポジトリを作り直すことはできます。
でも、中身は空です。

リポジトリの削除は自己責任で行ってください。

リポジトリの中にコードなどのファイルを入れている方はご注意ください。
一度削除したリポジトリは元に戻せません

delete repository

ここからは、PublicとPrivateを切り替えるときと似ています。
Settings」をクリックします。

Danger Zone」の中の「Delete this repository」というボタンをクリックします。

confirm delete repository

Are you absolutely sure?」と書かれたウインドウが開きます。

Please type 〜 to confirm.」と書かれた部分があります。
「〜」の部分を、入力欄に入力します。

最後に「I understand the consequences, delete this repository」と書かれた赤色のボタンをクリックすると、リポジトリが削除されます。

最後に

今回はGitHubでリポジトリを作る方法を解説しました。

GitHubは思った以上に奥が深いです。
でもググりながら勉強しているとなんとなく使える気はします。

僕はそうやっていつの間にか非効率なことやっていました。

GitHubはやはり短期間でサクッと学んだ方がいいかと思います。

そこで最後に、GitHub初心者におすすめの書籍をご紹介して、記事を終わりたいと思います。
ご紹介するのは以下の書籍です。

改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 [ 湊川 あい ]>>Amazonで見る>>楽天で見る

マンガ形式なのでわかりやすく、短期間でGitHubを学ぶならおすすめです。
GitHubを学ぶ上で、「Git」もやはり使いこなさないといけないんですが、この書籍ならGitまでカバーできます。

具体的に僕が「よかった」って思うのは以下の2点です。

  • 実際の開発現場では実はこういう風にしてます

  • こういうエラーが起きたらこう対処しましょう

この辺りは、なかなか他で手に入らない情報だったりするので、それだけでも価値があります。

というわけで、記事は以上です。

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

GitHubでOrganizationを作る

GitHubでOrganizationを作る

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy