RalaCode

44件の記事があります

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
サムライエンジニアプラス

「GitHubのアカウント作成したい」

「GitHubの公式サイトが英語でわかりにくい」

上記のお悩みにお答えします。

確かに、GitHubの公式サイトは全て英語なので不安ですよね。

この記事では、GitHubのアカウント作成方法を画像を使って解説します。
GitHubの公式サイトが全て英語でも心配ありません。

GitHubとは

GitHubとは、ソースコードをホスティングしてくれるプラットフォームです。

GitHubを使えば、ソースコードを世界中の人に公開したり共有したりできます。
世界中で使われているため、信頼性もあります。

GitHubは、日本の開発現場でも欠かせないサービスです。
プログラミング学習するなら、GitHubの使い方を知っておくと役に立ちます。

GitHubの公式サイトにアクセス

まず、GitHubの公式サイトにアクセスします。

>> GitHubの公式サイトへ

GitHub official page

開いたページの「GitHubに登録する」をクリックします。

このページだけは日本語表示になっています。
ですが、ここから先は英語です。

必要な情報を入力

GitHubの登録に必要な情報を入力する

上記のようなページが開きます。
ここでは、GitHubのアカウント作成に必要な情報を入力していきます。

まず、以下の情報を入力します。

  • ユーザー名

  • メールアドレス

  • パスワード

ユーザー名」は、他の誰も使っていないユーザー名にしないといけません。

パスワード」は自分で決めて入力します。
GitHubにログインするときに、そのパスワードが必要です。

次に、「Email preferences」と書かれた部分があります。
GitHubからのお知らせメールを受け取りたい場合は、✔を入れます。

ちなみに、僕はGitHubからのお知らせメールは受け取っていません。
特に不都合はないです。

次に、その下の「検証する」をクリックします。
すると、簡単なクイズが出題されます。

正しい画像を選んでください」みたいなクイズです。
そんなに難しくはありません。

クイズに正解できたら、「Create account」をクリックします。

認証コードを入力する

GitHubからメールで送られてくる認証コードを入力する

上記のようなページが開きます。

さらに、登録したメールアドレス宛てに「認証コード」が送られてきます。
登録したメールアドレスの受信トレイを確認してみてください。

認証コードは8ケタの数字です。
その数字をコピーして、上記のページでペーストします。

ペーストした瞬間、次のページに移ります。

アンケートに答える

何人のチームでGitHubを利用するのか選択する

上記のページが開きます。

簡単なアンケートなので、どれを選んでも今後大きな影響はないです。

「だいたい何人くらいのチームでGitHubを使う予定なのか」という質問です。
とりあえず一人で使うつもりなら、「Just me」を選んでおけば大丈夫です。

その下に、「あなたは学生ですか?教師ですか?」という質問もあります。
どっちでもない場合は、無視して大丈夫です。

最後に「Continue」をクリックします。

GitHubの利用目的に該当するものがあれば選ぶ

こちらも簡単なアンケートです。
具体的には「GitHubの利用目的は何ですか?」みたいな内容です。

「ここで選んだものに応じてGitHubの最適なプランをご提示しますよ」という感じの説明が書かれています。

特に当てはまる利用目的がなければ、どれも✔を入れないまま先に進むこともできます。
あくまでアンケートなのでね。

最後に「Continue」をクリックします。

プランを選ぶ

GitHubのプランを選ぶ(無料版か有料版)

こちらのページでは、GitHubのプランを選びます。
プランは「無料版」か「有料版」のどちらかです。

個人的にはとりあえず無料版でいいんじゃないかと思います。
後から有料版に変更することもできます。

無料版を希望する場合、「Continue for free」をクリックします。

GitHubのアカウント作成が完了するとこのページが表示される

わりと派手な映像が流れた後に、上記のページが開きます。
これでGitHubのアカウント作成は完了です。

まとめ

これでGitHubを使えるようになりました。

次にやることとして、おすすめなのが「Git」の使い方を覚えることです。
多くの開発現場では、GitとGitHubをセットで使っています。

「Gitって何?どう使うの?」
と思う方には以下の記事が参考になるかと思いますので、ぜひご活用ください。

【Git】やるべき初期設定【コマンドライン使います】
【Git】やるべき初期設定【コマンドライン使います】
記事を読む

というわけで、記事は以上です。

Netlifyのアカウントを作成する
Netlifyのアカウントを作成する
記事を読む
GatsbyJSの開発環境を構築する手順
GatsbyJSの開発環境を構築する手順
記事を読む

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

GitHubでOrganizationを作る

GitHubでOrganizationを作る

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy