RalaCode

44件の記事があります

【Git】やるべき初期設定【コマンドライン使います】

【Git】やるべき初期設定【コマンドライン使います】
サムライエンジニアプラス

Gitを使うには初期設定が必要です。
この記事では、コマンドラインを使ってGitの初期設定を行う方法を解説します。

GitHubのアカウントを作る

key on the desk

Gitの初期設定をする前に、やるべきことがあります。
それは、GitHubのアカウントを作ることです。

Gitの初期設定をするときには、以下が必要です。

  • GitHubで登録したユーザー名

  • GitHubで登録したメールアドレス

もしまだの方は、以下の記事を参考にGitHubのアカウントを作っていただくことをおすすめします。

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
記事を読む

GitHubのアカウントを作ったら次に進みます。

Gitをインストールする

USB stick

Windowsの場合、Gitをインストールする必要があります。
以下のリンクより、Gitをインストールしましょう。

https://gitforwindows.org/

Macの方は「ターミナル」を起動してください。
そして、以下のコマンドを入力して実行します。

$ git --version

Macの場合、Gitはあらかじめインストールされています。
そのため、以下のような文字が表示されるかと思います。

git version 2.24.3 (Apple Git-128)

表示される数字は少し違うかもですが、問題ありません。

Git の初期設定をする

purple gear

では、Gitの初期設定をしていきます。

ユーザー名を登録する

Macならターミナル、Windowsなら「Git bash」を起動して以下のコマンドを入力して実行してください。

$ git config --global user.name "ユーザー名"

最後の「ユーザー名」の部分には、ご自分のGitHubのユーザー名を入力してください。
これでGitにユーザー名を登録できました。

本当に登録できたか、確認します。
以下のコマンドを入力して実行してください。

$ git config user.name

ご自分のGitHubのユーザー名が表示されればオッケーです。

メールアドレスを登録する

次に、メールアドレスを登録します。
以下のコマンドを入力して実行してください。

$ git config --global user.email "メールアドレス"

最後の「メールアドレス」の部分には、ご自分のGitHubで登録したメールアドレスを入力してください。

ユーザー名と同様に、以下のコマンドでメールアドレスが登録できたか確認してください。

$ git config user.email

以上で、Gitの初期設定は完了です。

まとめ

最後に、ここまでやってきたことをまとめます。
チェックリストとしてご活用ください。

  • GitHubのアカウントを作る

  • Gitがインストールされているか確認する

  • Gitをインストールする

  • Gitの初期設定をする

記事は以上です。

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】
【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】
記事を読む
GatsbyJSの開発環境を構築する手順
GatsbyJSの開発環境を構築する手順
記事を読む

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

【無料】Unsplashで画像をダウンロードする方法解説

【無料】Unsplashで画像をダウンロードする方法解説

【画像のダウンロード不要】Unsplash Sourceの使い方

【画像のダウンロード不要】Unsplash Sourceの使い方

プログラミングって結局何から始めればいいの?

プログラミングって結局何から始めればいいの?

Netlifyのアカウントを作成する

Netlifyのアカウントを作成する

【自動整形】VSCodeでPrettierを使う方法【設定必要です】

【自動整形】VSCodeでPrettierを使う方法【設定必要です】

【初心者向け】Visual Studio Codeの使い方【図解あり】

【初心者向け】Visual Studio Codeの使い方【図解あり】

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy