RalaCode

44件の記事があります

GitHubでOrganizationを作る

GitHubでOrganizationを作る
サムライエンジニアプラス

GitHubのアカウントの作り方は以下の記事で解説しております。
参考にどうぞ。

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】
記事を読む

GitHubにログインします。

Organizationを作る

new_organization

右上の+ボタンをクリックして、「New organization」をクリックします。

choose_plan

ここでは無料プランを選ぶことにします。
プランは必要に応じて後で変えられます。

set up your team
  • Organization名

  • 代表者のメールアドレス

  • 個人なのか法人なのか

上記を入力します。
少し下の「検証する」をクリックして簡単なクイズに回答します。
「Next」をクリックします。

welcome to github

「Welcome to GitHub」というページが開きます。
アンケートなのでどう答えても今後影響はありません。
5つの質問に答えて「Submit」をクリックします。

welcome to organization

「Welcome to (Organization名)」というページが開きます。
「Complete setup」をクリックします。

Organizationが作成され、トップページが表示されます。

invite github

Organizationにメンバーを招待します。
「People」タブをクリックして、「Invite member」をクリックします。
招待する相手のGitHubのアカウント名を入力してInviteをクリックします。

role in organization

「普通メンバー」として招待するか、「管理者」として招待するか聞いてきます。
「普通メンバー」でいいと思うので、「Member」を選択して「Send invitation」をクリックします。
招待する相手にメールが届きます。

email join

招待された人はメール内の「Join @(Organization名)」をクリックします。

join

GitHubのページが開きます。
招待された人が「Join (Organization名)」をクリックします。
これで、招待された人はOrganizationに所属したことになります。

organization access

Organizationの人数が増えているか確認してみましょう。
GitHubページの右上の+ボタンをクリックして、「Your organization」をクリックします。
Organization名をクリックします。

finish organization

OrganizationのPeopleが2人に増えています。
これで、GitHubで「Organizationの作成」と「メンバーの招待」が完了です。

記事は以上です。

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

VSCodeでGit Bashを使う方法【設定変えるだけ】

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

【図解あり】GitHubアカウント作成方法を解説【数分で完了します】

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【GitHub】リポジトリにファイルをpushする方法【コマンドライン使います】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【Windows向け】Gitをインストールする方法【最初の設定も解説】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

【GitHub】リポジトリの作り方【削除方法まで解説】

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy