RalaCode

44件の記事があります

【Mac・Windows両対応】Yarnをインストールする手順を解説

【Mac・Windows両対応】Yarnをインストールする手順を解説
サムライエンジニアプラス

「Yarnをインストールしたい...」

今回は上記の悩みにお答えします。

Yarnはインストール方法がいくつもあって混乱しがちです。

この記事では、簡単で確実にサクっとYarnをインストールする手順を解説します。

MacとWindows両対応で解説しておりますので、ご自身のOSに合わせて進めてください。

記事の内容は以下となっております。

  • Node.jsをインストールする

  • MacでYarnをインストールする

  • WindowsでYarnをインストールする

Node.jsをインストールする

Yarnをインストールするには、「Node.js」をインストールしないといけません。

まず、Node.jsがご自分のパソコンにインストールされているか確認してみましょう。

Macの方はターミナル、Windowsの方はコマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行してください。

$ node -v

バージョンが表示されない場合は、Node.jsをインストールしましょう。

MacでNode.jsをインストールする

Macの方は、以下の記事を参考にされてください。

【Mac向け】nvmでNode.jsをインストールする方法
【Mac向け】nvmでNode.jsをインストールする方法
記事を読む

WindowsでNode.jsをインストールする

Windwosの方は、公式サイトからセットアップファイルをダウンロードしてNode.jsをインストールしてください。

推奨バージョン」をインストールすれば大丈夫です。

>> Node.jsの公式サイトへ

MacでYarnをインストールする

Yarnの公式サイトにアクセスします。

>> Yarnの公式サイトへ

Yarn公式サイトのトップページで「INSTALL YARN」をクリック

「INSTALL YARN」をクリックします。

Yarnをインストールするためのコードをターミナルで実行する

開いたページをスクロールすると、「Alternatives」と書かれたところがあります。
そこの「Click to expand / collapse」をクリックします。

OSは「macOS」を選択してください。

下の方に「Installation Script」と書かれた部分があり、コードが載っていますよね。
上記の画像を参考にしてください。

そのコードをターミナルで実行しましょう。
念のため、下記にもコードを載せておきます。

$ curl -o--L https://yarnpkg.com/install.sh | bash

これでYarnがインストールされます。
インストールされたか、確認してみましょう。

$ yarn -v

ターミナルで上記のコードを実行して、バージョンが表示されれば大丈夫です。

WindowsでYarnをインストールする

Yarnの公式サイトにアクセスします。

>> Yarnの公式サイトへ

Yarn公式サイトのトップページで「INSTALL YARN」をクリック

「INSTALL YARN」をクリックします。

WindowsでYarnをインストールするためのインストーラーをダウンロード

開いたページをスクロールすると、「Alternatives」と書かれたところがあります。
そこの「Click to expand / collapse」をクリックします。

OSは「Windows」を選択してください。

下の方にある「Download Installer」をクリックします。
そして、ダウンロードされたインストーラーを実行してください。

Welcome to the Yarn Setup Wizard

Next」をクリックします。

End-User License Agreement

I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れて、「Next」をクリックします。

Destination Folder

Next」をクリックします。

Ready to install Yarn

Install」をクリックするとインストールが始まります。

Completed the Yarn Setup Wizard

Finish」をクリックすれば完了です。

Yarnがインストールされたか確認してみましょう。

コマンドプロンプトに以下のコードを入力して実行してください。

$ yarn -v

yarnのバージョンが表示されれば、ちゃんとインストールされています。

最後に

MacとWindowsともに、Yarnのインストール方法は複数あります。

この記事では、その中でも簡単でほぼ準備がいらない方法を採用してみました。
まとめると下記です。

  • Mac:shell scriptを使ってインストールする方法

  • Windows:インストーラーを使う方法

というわけで記事は以上です。

あなたにおすすめ

サムライエンジニアプラス

この記事を共有

以下のボタンを押すとSNSが開きます

関連記事

【Mac向け】nvmでNode.jsをインストールする方法

【Mac向け】nvmでNode.jsをインストールする方法

【React】Material UIの使い方【導入から解説】

【React】Material UIの使い方【導入から解説】

Reactで環境変数を読み込む【開発・本番で切り替え可能】

Reactで環境変数を読み込む【開発・本番で切り替え可能】

【フォーム送信を実装】Getform.ioの使い方を解説【HTMLのみでOK】

【フォーム送信を実装】Getform.ioの使い方を解説【HTMLのみでOK】

【コード書くだけ】Netlifyでお問い合わせフォームを作る方法

【コード書くだけ】Netlifyでお問い合わせフォームを作る方法

ReactとFirebaseで認証機能を実装する方法【作りながら解説】

ReactとFirebaseで認証機能を実装する方法【作りながら解説】

RalaCodeTwitter
© 2022 RalaCode | Privacy Policy